MobilityData.org とのミーティング開催

MobilityData.orgのLeo Frachetさんの来日に合わせて、2019年5月10日(金)に東京大学生産技術研究所にて標準的なバス情報フォーマット広め隊・GTFS-JP関係者とミーティングを行いました。午後いっぱい、3時間以上のミーティングの後に都内のバス、鉄道体験、居酒屋での2次会と盛りだくさんの半日でした。急な呼びかけでしたが、乗換案内サービス事業者各社や国交省、岡山から「その筋屋」の高野さんまで駆けつけてくださり、現時点でのキーパーソンが広く集まった会になりました。青森市営バスの三浦さんや最先端田舎中津川の柘植さん、バス停研究家の佐野さんなどにもオンライン参加頂きました。

Introduction of History and Community of GTFS-JP by Masaki Ito

ミーティングでは、それぞれの活動を紹介し意見交換を行いました。高野さんからは「その筋屋」のデモも。MobilityDataは、Googleなどとも協力し、北米を中心にデータフォーマットの標準策定や関係者間の調整などを行っている非営利組織で、今はヨーロッパなどにも活動を拡げているそうです。GTFSの仕様もここを中心に主にオンラインでまとめられています。同じような苦労をしており共感する点が多いですが、活動の組織化、各種関係者との連携という意味では日本よりずっと先行しています。一方で国交省が深く関わっているのは日本の特徴的な進め方かも知れません。

MobilityDataのゴールは、「利用者にとっての公共交通の利便性向上」という点でぶれないのも興味深いです。日本ではまだ、データが公共交通利用者の利便性向上に直接的に寄与するという理解が共有されているとは言えないかも知れません。事業者にとってのコスト削減やデータ処理効率の向上などがまず訴求しますが、その先に利用者の利便性があることを見失わないことが、時に利害が対立する標準化においては重要です。

GTFSの仕様策定の中心地は北米にあり、議論もほとんど英語で行われています。日本で日本語で議論をしても、同じ議論を繰り返しているのでは、というもどかしさが常にあります。言葉の壁はありますが、このようなミーティングをきっかけにして関係者間の距離を縮め、slackやGitHubなどデジタルツールでのカジュアルなコミュニケーションを増やしていきたいな、と思っています。とりあえずSlackのGTFSワークスペースに、 #gtfs-jp というチャンネルを作りました。日本語OKですので是非ご参加ください。

ミーティング終了後は、東大生産技術研究所から、ハチ公バスで渋谷駅→地下鉄副都心線で新宿三丁目駅→丸ノ内線で新宿駅、という短距離ながら複雑な乗換経路で新宿に行き、道中のバスや鉄道の案内などを体験してもらいました。渋谷駅は世界有数の複雑な駅だと思いますが、現地での案内は意外と充実しており、Leoはほぼ迷わず目的地に辿り着けたということを報告します。

最後は新宿の日本風の居酒屋で打ち上げ。長丁場のディスカッションおつかれさまでした。

【開催記録】2019/4/20 標準的なバス情報フォーマット/GTFS勉強会

全国から、バス事業者、行政、バスシステム関係者、プログラマなど約120人が参加しました。誠にありがとうございました!

概要・ブログ等

資料

“【開催記録】2019/4/20 標準的なバス情報フォーマット/GTFS勉強会” の続きを読む

2019/4/20開催 標準的なバス情報フォーマット/GTFS勉強会

標準的なバス情報フォーマット/GTFSって何だろう? 改訂でどう変わった?
データの作成、活用、プログラミングはどうすればいい?
そんな疑問を1日で解消できる勉強会です!

バス会社もITエンジニアも自治体もコンサルタントも、バスデータに興味のある人はぜひご参加ください。ITエンジニアの発表募集中です!

  • 主催:標準的なバス情報フォーマット広め隊 / 東京大学 伊藤昌毅助教
  • 日時:2019年04月20日(土)
  • 場所:東京大学生産技術研究所 An301 大会議室(東京都目黒区)
  • 参加費:第1-2部:3000円(若手エンジニア発表割:無料)、第3部(実習):4000円、打ち上げ(未定)
  • 定員:前半: 100名、後半(実習): 各20-30名程度

以下のサイトから申し込みを行ってください。

https://gtfs-jp20190420study.peatix.com/?fbclid=IwAR2vq1f6EjQnmAfFlEP1ydEY3sCSBtYFoYHIVxS_zqRFF1n8IQle78n-Mms

標準的なバス情報フォーマット2019年3月改訂版

2019年3月「標準的なバス情報フォーマット」の最新版の資料・マニュアルが公表されました。

  • 動的情報(運行情報・バスロケーションの情報)の標準フォーマットを追加
  • 静的情報 GTFS-JPの改訂
  • 手引きやガイドラインが拡充

詳細は、以下のページをご覧ください

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/sosei_transport_tk_000067.html

2019年3月2日 公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019を開催(東京大学 駒場リサーチキャンパス)

ITによってシームレスで使いやすい公共交通を実現するMaaS(Mobility as a Service)が話題となる中、社会インフラとしての公共交通データの重要性が高まっています。このイベントでは、公共交通の時刻表や路線図、リアルタイムの車両位置などのデータをオープンデータとして流通させる「公共交通オープンデータ」の最新の話題や事例を集め、発表して頂きます。

開催概要

日時: 2019年3月2日(土) 13:30〜18:00

場所: 東京大学 生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール

主催: 標準的なバス情報フォーマット広め隊、東京大学 瀬崎研究室

参加費: 2,000円

申し込み: Peatixよりお申し込みください

受付: 当日受付に名刺を2枚お持ちください

懇親会: 終了後に懇親会(実費 2,000円〜3,000円程度)を予定しています

土木学会インフラデータチャレンジ(GTFS バスオープンデータ)挑戦者募集!

インフラデータチャレンジのサイト http://jsce-idc.jp/

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/gtfsjp

GTFS-JP賞 指定課題

(1)アプリ部門

アプリ、Webサイト、Web地図等のオンラインによる情報提供ツール

(2)紙部門

時刻表、路線図、申請等の紙による情報提供や業務改善ツール

(3)分析部門

地域交通、ダイヤ、運行実績等、交通改善のための分析に関する手法、事例、ツール

2018年12月22日までに登録ください!

2018年12月13日標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)勉強会を開催します(東京都内)

この勉強会では、主に自治体や事業者でバスの運行計画やデータ作成に携わる方を対象に、標準的なバス情報フォーマット出力ツール「西沢ツール」及び、無償提供されているダイヤ編成システム「その筋屋」の使い方を学び、「標準的なバス情報フォーマット」形式のデータ作成が出来るようになる事を目指します。
Windowsパソコンは各自でご用意ください。

日時:2018年12月13日(木) 10:15~18:00 受付9:50~
場所:株式会社ヴァル研究所1F セミナールーム JR中央線 高円寺駅下車

申し込みサイト:peatix

詳細は、勉強会チラシ(PDFファイル)をご覧ください。

2018/11/1「標準的なバス情報フォーマット」作成ツールを展示

2018年11月1日(木曜日)に、日本バス協会主催「第67回 中央技術委員会全国大会」が開催されます。

商品展示会場では 宇野バス&標準的なバス情報フォーマット広め隊による「標準的なバス情報フォーマット」作成ツールの展示を行います。バス会社以外の方も商品展示会場には入場可能ですので、興味のある方は是非お越しください。

場所:サンケイプラザ(大手町)3階展示会場
展示時間:9時30分~17時30分

“2018/11/1「標準的なバス情報フォーマット」作成ツールを展示” の続きを読む

「標準的なバス情報フォーマット」ってなに?

「標準的なバス情報フォーマット」ってなに?

路線バスの路線図や時刻表、運賃表などをデータ化する際のフォーマットを定めたものです。国土交通省のWebページにて、ITエンジニア向けに具体的にフォーマットを説明した解説書を公開しています。

どんな風に役に立つの?

共通フォーマットなので、データを利用するベンダが特別な対応なしでそのバスのデータを扱うことが出来ます。乗換案内にデータが使われる可能性が高まりますし、乗換案内以外にも、デジタルサイネージや印刷物の作成などへの応用もこれから広がっていくと考えています。

誰がデータを整備するの?

路線バスを運行している事業者や自治体などが、自ら、またはIT技術に長けた者の力を借りて整備することを想定しています。

どうやったらデータを作れるの?

時刻表を打ち込むと標準的なバス情報フォーマットに変換出来るExcelフォームなどが公開されています.また、代表的なダイヤ編成システムが対応を始めていますし、「その筋屋」という無料で使えるダイヤ編成システムもあります。事業者の規模に応じて適切なツールを選択するのがいいでしょう。

バス事業者の仕事が増えるんじゃない?

網羅的なデータをひとつ整備すれば、そこからの応用は簡単です。例えばバス停に貼り出す時刻表は全て自動的に作れるようになります。そのため、適切に標準フォーマットを導入すれば、全体の業務量は減ると考えています。

乗換案内サービスに既に提供している事業者はどうすればいい?

既にデータを提供しているバス事業者は特に新しい取り組みは必要ありません。ただ、自社でデータを整備していることが、バスロケの導入の時や将来的な業務効率の改善の際に役に立つと考えられます。

日本だけの規格なの?

標準的なバス情報フォーマットは、世界標準の公共交通データフォーマットであるGTFS形式と互換性を持つように作られています。このフォーマットで整備したデータは、日本の乗換案内事業者に届けられるだけなくGoogle Mapsや世界中で作られている様々なツールで活用出来ます。

オープンデータとの関係は?

整備したデータの扱いは、バス事業者や自治体が決められます。オープンデータとしてWeb公開することで、日本だけでなく世界の開発者にデータが使われるチャンスが拡がります。宇野バス山梨交通石川県能美市のコミュニティバスなどこのフォーマットでのオープンデータ公開の事例が既にあります。

初版と書いてあるけど、改訂の予定はあるの?

より日本のバスの実情に合ったフォーマットに育てたいと考えています。
体制を作ろうとしています。